FC2ブログ
The Sims 3の建築モード、CAWのヒントを綴るブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

CAWで住人付きのワールドを作ろう 1

最近はCreate A World Toolを使って自作のワールドを作り、エクスチェンジなどで共有できるようになりました。
皆さんもいろいろな世界をダウンロードしたり、自作していると思います。

しかしながら、せっかくダウンロードしたワールドに住人が一人もいないとことがあります。
はたまた、これが不満で自分でシム在住のワールドを作ろうと思っても、頑張って作り上げたのにシムを付け加えられないじゃないかと、混乱して頭が爆発します。

シムつきワールドはつくれるようですが、その記事が文字だらけで私も読む気が失せましたので、必要な部分を抜き出してみました。

2013.11.25 加筆修正
2015.3.26 改訂版

まずひとつ言えることは、CAWだけではシムを付け加えることは不可能ということです。
しかし実際にシム付きワールドが存在するように、ある手順を踏めば可能になります。

注意として、チートといくつかのMODを使用しなければなりません。

CAW Population: Populating Worlds in Create-a-World
この記事から引用して訳しています。



必要なもの
・NRaas DebugEnabler
・NRaas Porter
・NRaas MasterController

これらの最新バージョンのMODは、Nraas Industriesからダウンロードすることができます。


基本的な方法
この記事はAuntielyndsにより執筆されています。これを元に必要な部分を抜き出して説明します。

1.普通のゲームプレイで、取り込みたい世帯を作って町に配置します。彼らの所持金などはMaster Controllerでいじることができます。

2.マイドキュメント > Electronic Arts > ザ・シムズ3 フォルダにあるLibraryフォルダを隔離します(デスクトップなどでよいと思います)。

3.もう一度ゲームを始めて、1で用意した世帯をカタログにセーブします。
通常の“街の編集”からではなく、NRaas Porter を使ってください。
セーブしたい世帯の家の壁をクリック > ポーター > パック でカタログに載ります。

すべての世帯がカタログに載ったことが確認できたらゲームを終了します。

4.CAWを起動し、Edit In Gameに入ります。時間が止まっていることを確認してください。

5. Ctrl + Shift + C でチート入力欄を出して、makesimと入力します(ここでアクティブなシムがランダムで追加されます)。

6.空き家をクリックして NRaas > ポーター でポップアップが開きます(3でセーブした世帯の名前が載っているはずです)。

7.その空き家に住ませたい世帯を選ぶと、その世帯のシムたちが家の前に現れます。

8.町とゲームをセーブして、Edit In Gameを終わります。あとはワールドをエクスポートするだけです!



ここまでは全体的な流れを大まかに書き出ただけの部分です。注意する点やコツが書かれているので、以下の方法についてよく読んでください。


詳細な方法
ここからはKiwi_teaによる記述を引用します。


準備

まずやってほしいことは、マイドキュメントに新しいフォルダを作ることです。
これは飛ばしてもかまわない手順ですが、カタログがワールドに導入したい世帯でいっぱいになって、見づらくなることを回避するために便利です。
(原文ではここから手順が書かれていますが、基本的な方法で紹介した1と2の、Libraryフォルダの隔離で代用可能です。)

必要なNRaasのMODが導入されていることを確認してください。

ワールドに住ませたい世帯を「町の編集」モードで作ります。エクスチェンジなどにシェアする必要はありません。
このとき、世帯の名前をすべて別々にすることを頭に入れておいてください。また、どれがどの世帯かをきちんと覚えておきましょう。世帯の名前は後にCAWで変更することができるので、とりあえず今は佐藤1、佐藤2という具合に違う名前にします。
これは、ポーター(MOD)を使ったときに、どれがどれかを名前だけで区別するために必要なことです。
Master Controllerを使えば、後に世帯を別々の世帯に分けることもできます。


ステップ1: Edit In GameでMake Simコマンドを使う

Lot(ここではシムが住むための空き家)は、絶対に必要なものです。Lotはシムと、シムの情報をワールドに持ち込むための船の役割をします。
はじめに、木や街灯といった細かいものを除いて、ワールドを完成させましょう。これはシムの上に建物を建ててしまうことや、シムが建物内にいる状態で編集してしまうことを避け、シムが持つデータが完全な状態で持ち込まれるようにするためです。「別にかまわない」のなら良いですが、(ワールドが未完成の状態でシムを入れることは)お勧めしません。

シムを入れる前に、Story Progressionをオフにしておくことを忘れないでください。
 


ワールドが完成したら準備完了です。Edit In Gameに入りましょう。

ここでは単純にMake Simチート(基本的な方法の5)を使うとアクティブなホームレスシムが現れます。
容姿はランダムに生成されます。このシムは自動的に普通のゲームプレイと同じようなアクティブ世帯のシムになります。Edit In Gameではフリーウィルや願望を持ちませんが、実際のゲームでは自由に動くので大丈夫です。
このシムは町を歩き回ったり、ほとんどのオブジェクトにアクションを行えますが、こいつはゲームを開いたときにいつも突っ立っているので、オブジェクトにくっつかないように椅子やベッドに座らせておくと良いでしょう。
このシムはランダムゆえに醜かったり、生涯の願望を持ちませんが、ワールドをエクスポートするときに願望が登録されます(醜かったらMaster Controllerでいじってあげましょう)。

このシムは、アクティブなシムがいないと使えないコマンドを使えるようにする強力なツールです。しかしながら、NRaasのDebugEnablerにある追加のデバッグコマンドを使う必要もあります。「これは何かな」とわからないコマンドについては触らないように!


ステップ2:整形する&クリーンアップ編集

(前半はMasterControllerによるCAS編集、キャリアレベル、スキル、人間関係の編集の仕方なので省略します)
スキルとキャリアを設定する際、EA準拠の方法(おそらく、ポストをクリックするとできるチート)は使わないでください。MasterControllerのほうが安全で信頼できます。(以下省略)

家族の経歴は町の編集で書き加えることができます。しかし、ここでアクティブな世帯を切り替えたり、世帯を分割してはいけません。その代わり、MasterControllerの機能を使ってシムを別の世帯に移すことは大丈夫です。
アクティブなシムがいないと、他のシムを選択することはできないので、Edit In Gameに入るたびにMake Simコマンドを使ってアクティブシムを作ることになります。この理由で、住ませたいシムは一度ですべて導入することが望ましいです。これにはステップ3の方法が便利です。
また、多すぎるシムはMasterControllerの完全削除でさっぱり消すことができます。





長くなるので、いったんここで切ります。ステップ3からは次の記事に書きます。

Translated by Rey
関連記事

タグ : CAW S3PE使用

2012-06-30 : CAW解説 : コメント : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム

お知らせ

2016.9.2
ワールドの天気/空を編集
"StarIntensity"の値について修正。

2016.8.12
使用中のMOD
追記しました。

2016.8.9
パッチ1.69はCAWが使えない
環境によっては使えるかも?

プレイ環境

全EP導入・SPは無し
CCは髪型とアクセ数点のみ
公式のも基本プレミアムコンテンツだけ導入。Midnight Hollowは付属オブジェクトも(←多くて困る)
OS: Windows10 64bit
CPU: Core i5-3450 3.10GHz
メモリ: 8GB (4GB×2)
グラボ: GeForce GT530 (1GB)

結構低スペック?
正直何が何やら分かっていない!
重いとは思わないし、雨・雪でも時々カクつく程度。
シムズ3グラフィック設定は中の上。

プロフィール

Author:Rey

Rey


The Sims 3: Create A World Tool でカスタムワールドを作成中です。
CAWと建築に関わることを主に書いていきます。

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。