FC2ブログ
The Sims 3の建築モード、CAWのヒントを綴るブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

ワールド独自に"絵画"をカスタム

前回の『ワールド独自の色違いオブジェクトを作る』では、植物(サクラの木など)のリカラーの仕方を紹介しました。
今回はそれに引き続き、絵画や、壁画のように絵が決まっている壁パターンの画像を差し替える手順を紹介します。

cow no_cc recolour2
↑EP5 ペットの絵画の画像を差し替え。左から4番目はオリジナルのまま。
↓EP10 アイパラの壁パターン(波の絵4連)を壁画に変更。右の窓は、EP3 レイトナイトのステンドグラス調の窓をリアルな画像に差し替えたもの。
cow no_cc recolour


基本は前回と同じで、S3PEとPaint.Netなどの.dds拡張子の画像を編集できるソフトを使います。

まずは、画像を差し替えたい絵画等をS3PEでエクスポートします。
私はここでは、「EP5 ペット」の絵画アイテムを使用しますので、S3PEで開くファイルの場所は
Program Files > Electronic Arts > ザシムズ3 ペット > GameData > Shared > Packages

この中にあるFullBuildを開きます。
他のEPやベースゲームのアイテムの場合は、それに対応するEPの場所を開いてください。

※ちなみにOriginからダウンロードしたEPは、Electronic Arts >..にはリストアップされません。ダウンロード版のものは、
Program Files > Origin Games > 各EP > GameData > Shared > Packages にあります。


FullBuildはプログラムファイルの中にあるため、S3PEで開く際に下のような警告画面のようなものが出るときがあります。
s3pe_openread-only.jpg
無視して、Open read-onlyをクリック。




たくさんのアイテムがリストアップされて探しにくいです。
ウィンドウ下部のフィルター機能を使います。
s3pe_paint_filter.jpg

目的のアイテムは絵画なので、Nameに"paint"と入れ、チェックマークをします
Filter activeにもチェックマークをして、右のSetをクリックすると、paintと名付けられたリソースだけ表示できます。



s3pe_paint_export.jpg
この猫の絵にしましょうかね。
リソースを右クリック > Export > To file... で取り出します。置き場所はデスクトップでもどこでも好きに。
目的のリソースをエクスポートできたら、S3PEはそのまま終了します。




今度はPaint.Netで、手に入れたリソースを編集していきます。
paintnet_edit1re.jpg

猫の絵の部分を選択して、トリミングします。

※目的の部分だけ選択するには、「魔法の杖(自動選択)」でいらない部分(ここではチェック模様)をクリック > 四角形選択ツールの"ユニオン"タイプで絵画の裏も選択 > 選択範囲の切り替えで、ちょうど猫の絵だけきれいに囲えるかと。
慣れなので、そのうちコツが掴めますよ!
選択範囲の切り替え



猫の絵をトリミングすると、サイズがわかります。
paintnet_edit2.jpg
167 x 114です。
自分が差し替えたい画像を、このサイズに合わせておきます。
paintnet_edit3.jpg
私はこのユリの絵に差し替えるので、サイズを合わせてトリミングしました。


サイズを知るために切り取っただけなので、リソース(猫の絵画)の編集を、一段階戻します
猫の絵部分が選択されている段階です。




Paint.Netの作業ウィンドウ上に、サイズを合わせたユリの絵をドラッグ&ドロップします。
すでにリソースが開かれているため、ユリの絵をどうするのか聞かれます。

paintnet_edit4.jpg

レイヤーの追加で開きます。



レイヤーの追加で開くと、猫の絵にユリの絵がレイヤーとして現れるので、猫の絵を覆うようにピッタリと重ね合わせます。

paintnet_edit5.jpg


うまく重ねられたら、レイヤーウィンドウにて背景(猫の絵のほう)を選択します。
このとき猫の絵の部分のみ選択されている、という点線が出たままの状態で、選択範囲の消去で猫の絵は消してしまいます。
paintnet_edit6.jpg


猫の絵を削除したら、"背景"と"ユリの絵レイヤー"を結合しておきます。
これで背景が、ユリの絵 + 絵画の裏部分 のようになります。


リソースの絵の差し替えが出来たので、これを.dds形式で保存します。
保存時の名前は変えないこと


paintnet_edit7.jpg

保存時の注意として、DXT5ミップマップの生成にチェックマークをしていること。




ユリの絵のリソースが出来上がりです!
これは猫の絵のデフォルト・リプレイスメントとして使えます。

ワールドに反映させるには前回記事を参照し、同じ要領で。



壁画も、1枚ずつそれぞれ変えても面白いですよ。

caw_after_saveas.jpg

EP4 ジェネレーションズの壁画(城の絵3連)を、それぞれ別のステンドグラス窓に。
別に『キリストの昇架』の例のように連結壁画にしなくても、このように一枚ずつ変えるって手もある。


Screenshot-518.jpg
EP4 ジェネレーションズの壁画(城3連、宇宙3連)を使って、いろんなステンドグラスを作ってみました。
こればかりは、パターン替えよりも見栄えがしたほうが良いかと。


Screenshot-519.jpg
聖堂内のいちばん目立つ正面もリアルに近づいた!


まあ、これらも前回の植物同様にそのワールド内でしか画像が置き換わらない、いわゆるリカラー品です。
気に入った人がLotをカタログ保存→別ワールドへ移植したら、元の絵画や壁パターンに変わってしまいます。
関連記事

タグ : S3PE使用 CAW チート建築 Lot画像

2016-06-15 : CAW解説 : コメント : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

お知らせ

2016.9.2
ワールドの天気/空を編集
"StarIntensity"の値について修正。

2016.8.12
使用中のMOD
追記しました。

2016.8.9
パッチ1.69はCAWが使えない
環境によっては使えるかも?

プレイ環境

全EP導入・SPは無し
CCは髪型とアクセ数点のみ
公式のも基本プレミアムコンテンツだけ導入。Midnight Hollowは付属オブジェクトも(←多くて困る)
OS: Windows10 64bit
CPU: Core i5-3450 3.10GHz
メモリ: 8GB (4GB×2)
グラボ: GeForce GT530 (1GB)

結構低スペック?
正直何が何やら分かっていない!
重いとは思わないし、雨・雪でも時々カクつく程度。
シムズ3グラフィック設定は中の上。

プロフィール

Author:Rey

Rey


The Sims 3: Create A World Tool でカスタムワールドを作成中です。
CAWと建築に関わることを主に書いていきます。

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。